洋書写真集とアートブックの専門店

  • ホーム
  •  > おすすめの定番写真集

おすすめの定番写真集

  • 9951
    Walker Evans: American Photographs
    1938年にニューヨーク近代美術館で開催された有名な展覧会のカタログの出版から75年を記念して出版された75周年記念版。デジタル技術を初めて導入しオリジナル版の微妙なバランスまで正確に再現する。
    7,600円(税込8,360円)
  • 10103
    Anders Petersen: Cafe Lehmitz
    ストックホルム出身の写真家アンダース・ピーターセンがハンブルグのバーでのナイトライフを撮ったシリーズ。ペーターセンの原点ともいえるこのシリーズの作品はトムウェイツの『Rain Dogs』のアルバムジャケットにも起用された。 アンダース・ピーターセンの代表作の再刊
    7,250円(税込7,975円)
  • 2356
    William Eggleston's Guide
    ウィリアム・エグルストンの代表作であると同時に写真史に残る1冊「William Eggleston's Guide」の復刻版。元版の版型、装丁をそのままに、写真部分はオリジナルのポジより色分解をして印刷。
    6,740円(税込7,414円)
  • 7595
    深瀬昌久/ Masahisa Fukase: 鴉/ RAVENS
    日本人写真家、深瀬昌久の作品集。写真という媒体の歴史の中で最も重要な写真集の一つとしていつの時代にも高く評価されてきた写真家・深瀬昌久の『鴉』は、1986年に初版が刊行され、その後、2度復刻されているが、いずれも限定部数での発行だったこともあり、直ちに完売となっている。
    12,500円(税込13,750円)
  • 9101
    Richard Avedon & James Baldwin:Im Hinblick (Nothing Personalドイツ版)
    20世紀の巨匠写真家リチャード・アヴェドンが『Observation』に続いて出した第2番目の写真集であり、高校の友人同士であった作家・公民権運動家のジェイムズ・ボールドウィンの文章とともにアメリカが抱える複雑さと矛盾、階層をテーマとした名著として有名な『Nothing Personal』(1964)の復刻ドイツ語版。
    7,000円(税込7,700円)
  • 7758
    Alec Soth: Sleeping by the Mississippi
    国際的写真家集団「マグナムフォト」正会員を務めるアメリカ人フォトグラファー、アレック・ソス(Alec Soth)の作品集。ロバート・フランクやウィリアム・エグルストンに次ぎ、ロードトリップ写真で多くの写真家に影響を与えたアレック・ソス。「Sleeping by the Mississippi」は、作者にとって初写真集でありながらその名を人々の記憶に刻んだ名作であり、2004年にSteidlより刊行。今回、新たに2点未収録作品が加えられた復刻版として、MACKより出版される。
    9,000円(税込9,900円)
  • 9322
    Thomas Struth: Unconscious Places
    ベルント&ヒラ・ベッチャーのアカデミーを卒業した最も有名な写真家の1人トーマス・シュトゥルートが、エジンバラ、リマ、平壌、ナポリ、ニューヨークなどの都会のストリート風景を撮ったシリーズ。これらはすべて人影のない同じ条件で撮影されている。これらのありふれた建物、人のいない通り、匿名のファサードを、シュトゥルートは「無意識の場所」、つまり視る者だけが意味を持つ環境と呼ぶ。絶妙な技術で捉え、力強く、抑制された中立性を示すイメージからは、電話線から舗装まで都市の特徴を十分に理解することができる。
    7,510円(税込8,261円)
  • 9799
    Joel Meyerowitz: Redheads
    ジョエル・マイエロヴィッツの代表的写真集『Redheads』の新版。1978年、8x10インチの大判カメラで初めてポートレートを撮影した夏、マイエロヴィッツは赤毛の人々を撮ることに惹かれるようになった。彼は何十年もの間、赤毛の人々の美的魅力、髪、そして肌のエキゾチックな模様に魅了され続けてきた。赤毛の人々は、国籍や宗教が異っていても、しばしば家族的な強い結びつきがあるように見える。1990年にオリジナルが出版され、高い評価を受けたこの傑作ポートレート集は、老若男女を問わず、すべての赤毛の人々を賞賛する。
    9,590円(税込10,549円)
  • 1897
    Larry Clark: Tulsa
    オクラハマのタルサで生まれ育ったラリー・クラークが地元のジャンキーらを捉えた処女作。ガス・ヴァン・サントら多くの映画監督や写真家、アーティストに影響を与えたと言われる不朽の名作。
    4,300円(税込4,730円)
  • 5611
    Nan Goldin: The Ballad of Sexual Dependency
    ジャック・ピアソンやマーク・モリスローらと共に「ボストン・スクール」と呼ばれた写真家の中でももっとも有名なナン・ゴールディンを一躍有名にした写真集。 写真家自身や友人の私的な生活を写真におさめる。
    8,800円(税込9,680円)
  • 9749
    Eliot Porter: In Wildness Is the Preservation of the World
    写真家エリオット・ポーターがニューイングランドの森を見事にカラー写真で表現した作品と作家ヘンリー・デイヴィッド・ソローの文章を組み合わせたヴィンテージクラシック。1962年に出版されベストセラーとなった後、長い間絶版となっていた名著の再版。ポーターとソローは、1世紀も離れていながら、自然を守り、人為的な干渉から自然を保護するために絶え間ない努力を続けていた。環境保護運動がまだ一般的でなかった時代に完成しシエラクラブ創設者のデビッド・ブラウワーによって初版が発行されたこの「合作」は、一夜にして大成功を収めた
    4,900円(税込5,390円)
  • 9242
    Sarah Moon: PassePresent
    1970年代よりファッション写真家として活躍しキャシャレル、コムデギャルソン、イッセイミヤケなどの写真で知られるサラ・ムーンの回顧作品集。ファッション写真の領域を超えておとぎ話と暗いロマン主義の間で揺れ動くサラ・ムーンの作品の独自性、個人的で非典型的なアプローチを貫く感性を見て取ることができる。
    8,900円(税込9,790円)
  • 8945
    Weegee: Naked City
    Damianiより、1945年に刊行されたこの写真集が、未発表の写真とクリストファー・ボナノスとクリストファー・ジョージによる2つのエッセイを含む美しく印刷された新版で再出版された。彼は1st写真集「Naked City」のために、センセーショナルなものを求めて、1940年代のニューヨークの街をわずかな時間で巡航した。
    5,900円(税込6,490円)
  • 9321
    Eugene Atget: Voir Paris
    古きパリの最も有名な写真家ウジェーヌ・アジェ(1857〜 1927年)は、1897年から30年以上にわたってガラス乾板を入れた蛇腹つきの写真機とともにパリを歩き回り変化する都市の地形を捉えてきた。パリのカルナヴァレ美術館のアン・ド・モンデナードとアンリ・カルティエ=ブレッソン財団のアグネス・シレが率いる2年間の研究の結果、本書にはカルナヴァレ美術館のアジェの9164点のアーカイブから146枚の写真を集められた。
    8,400円(税込9,240円)
  • 6276
    Danny Lyon: The Bikeriders
    アメリカを代表するドキュメンタリー写真家ダニー・ライアン の1968年の代表作『Bikeriders』の久しぶりの再刊。1963年から1967年にかけて自ら「シカゴ・アウトロー・モータサイクル・クラブ」のメンバーとなり、ローライフレックスとニコンFとテープレコーダーを担いで撮った写真作品とインタビュー。
    6,300円(税込6,930円)
  • 8208
    プロヴォーク 復刻版 全三巻/ PROVOKE Complete Reprint of 3 Volumes
    多木浩二、中平卓馬、高梨豊、岡田隆彦、(後に森山大道)を同人として1968年に創刊された伝説の写真雑誌『プロヴォーク』の完全復刻版。オリジナルの三冊から原稿データを抽出し、写真イメージを忠実に再現。またオリジナルに収録されている文章は英語と中国語に翻訳し、別冊として刊行。
    8,000円(税込8,800円)
  • 4335
    Robert Frank: The Americans
    ロバート・フランクが1955年から56年にかけてアメリカを旅しながら撮影した作品をおさめた、写真史上、最も有名かつ重要な写真集の 一つ。1958年にオリジナル版がパリで出版されたのち、何度も出版と絶版を繰り返したタイトルだが、今回の版はケルアックの序文と共に83点のイメージを収めるようになった最初の版(1959年Grove Press版)と同じ版型、表紙イメージを用いてデザインが作り直された。
    SOLD OUT
  • 6598
    Henri Cartier-Bresson:The Decisive Moment
    1952年に米仏で出版され『決定的瞬間』という言葉を作り出したアンリ・カルティエ=ブレッソンの傑作写真集『The Decisive Moment』の復刻版。長らく絶版の状態でコレクターの垂涎のタイトルとしてもまた有名であったオリジナル版をほとんどそのままの再現し、解説ブックレットと共にスリップケースに収めている。
    SOLD OUT
  • 6765
    Saul Leiter: Early Color
    ピッツバーグに生まれ、画家になるために1946年にニューヨークに移り住んだ後、写真家としての才能を開花させたソール・ライターの初期のカラー写真を収める。 エドワード·スタイケンが1953年にニューヨーク近代美術館でいくつかを展示した以外では、ほとんど注目されることがなかったこれらの作品は2006年に初めて写真集として出版されると好評を博し、以降再版を重ねつつロングセラーとなっている。叙情的で説得力のある色彩や時に抽象的にも見える画面構成が魅力を放つストリートスナップ。(SH)
    SOLD OUT
  • 7656
    Irving Penn: Centennial
    20世紀の写真家の中でも最も尊敬され大きな影響を与えた巨匠の1人、アーヴィン・ペンの生誕100周年記念した回顧写真集。アーヴィン・ペンは構図、ニュアンス、ディテールに細心の注意を払うことで有名なスタジオ撮影の美学を、70年に及ぶキャリアの中で徐々に熟練させていった。本書は有名なイメージから今までに出版されたことのない作品まで、写真集としては過去最大級の作品を収録。ペンの生誕100周年を記念しニューヨークのメトロポリタン美術館で開催される展覧会のカタログとして出版。
    SOLD OUT
  • 8152
    Diane Arbus: A Box of Ten Photographs
    ダイアン・アーバスの代表作である《A Box of Ten Photographs》を収録した1冊。アーバスの遺作であり代表作である同作は、アーバスの評価を決定づけるとともに写真史に残る伝説の作品となった。
    SOLD OUT
  • 6268
    Vivian Maier: Street Photographer
    写真家の死後発見されたネガ、プリントがWEB上に紹介されたことから、一躍有名になったヴィヴィアン・マイヤーの写真集。フランス、ニューヨーク、シカゴなどで撮影された膨大なストリートフォトの中から、ライティング、構図、タイミングなどすべてが秀逸なベストフォトをセレクト。
    SOLD OUT
  • 6533
    Stephen Shore: Uncommon Places The Complete Works
    70年代のアメリカの各地の風景を撮った大判カラー作品。自動車、モーテル、乾いた道路、ありふれた場所にアメリカの原風景を見い出す。
    SOLD OUT
  • 4023
    Stephen Shore: Uncommon Places The Complete Works
    70年代のアメリカの各地の風景を撮った大判カラー作品。自動車、モーテル、乾いた道路、ありふれた場所にアメリカの原風景を見い出す。
    SOLD OUT
  • 6617
    Josef Koudelka: Exiles
    長らく版元切れになっていたジョセフ・クーデルカの代表作『Exiles』が装丁を変え、作品を10点追加した新版として復活。 1970年にチェコスロヴァキアから亡命した後、ヨーロッパ各地で市井の人々を撮った作品。
    SOLD OUT
  • 9952
    August Sander: People of the 20th Century
    芸術家、農夫、手工業者などドイツのあらゆる階層、職業の人々の典型を撮った「20世紀の人々」。1929年に出版を予告しながら、ナチスの妨害で当時実現しなかったアウグスト・ザンダーの大作。
    SOLD OUT
  • 7085
    Robert Adams: The New West
    コロラド周辺の地域を題材にした56点の写真の中に、アメリカの社会と文化を浮かび上がらせた1970年代の伝説的写真集の再版。白黒。
    SOLD OUT
  • 7036
    Joel Meyerowitz: Cape Light
    刻々と変わるケープ・コッドの光をカラーならではの美しさで捉えたマイエロヴィッツの代表作。新装版。
    SOLD OUT
  • 5749
    Garry Winogrand
    ニューヨークのストリートを撮った写真でよく知られるウィノグランドは、同時に全米を旅してアメリカのほぼすべての地域の作品を残している。本書では、ウィノグランドが残した膨大な未現像フィルムや未発表コンタクトシートからの作品を含め彼のの活動の全体像を見渡す。2013年春よりサンフランシスコ近代美術館等を巡回した大回顧展のカタログ。
    SOLD OUT
  • 6870
    Ryan McGinley: Way Far
    写真表現に新しい言語を持ち込んだ新進気鋭の写真家としてのデビュー以来、活躍を続けるライアン・マッギンレーの2012〜2015年の作品を収めたモノグラフ。泥炭の山、湖、広大な野原、廃屋、ドラマティックな夕日・・・を背景にアメリカを横断する夏のロード・トリップで撮影された作品を中心に収録。
    SOLD OUT
  • 1697
    Andreas Gursky
    ベッヒャー・シューレを代表する写真家グルスキーのMOMAでの展覧会に合わせて刊行されたモノグラフ。ハイテク産業、証券取引所、風景などをテーマにしたカラー大型作品。
    SOLD OUT
  • 5243
    Brassai: Paris By Night
    人気のない裏通り、雨に濡れた石畳…「夜のパリ」として名高いブラッサイの写真集(1932年)の復刻再版。
    SOLD OUT
  • 6393
    Lewis Baltz: Common Objects
    ニュー・トポグラフィーの写真家として知られるルイス・ボルツの代表的シリーズを収録しつつ、ボルツの作品に対するヨーロッパ映画の影響を検証。ボルツの作品頁の間に、透明フィルムに印刷した映画のスティル・イメージの頁が挟まれた凝った作りの写真集。パリのLE BALでの展覧会に合わせて刊行。
    SOLD OUT