洋書写真集とアートブックの専門店

新着商品

  • 8560
    James Baldwin/ Steve Schapiro: The Fire Next Time (illustrated edition)
    アメリカ社会におけるもっとも大きな問題のひとつである人種差別問題を、アフリカ系アメリカ人公民権運動のリーダー的存在である二人が伝える。
    7,140円(税抜)
  • 8561
    The Gaze of Things. Japanese Photography in the Context of Provoke
    VIVOのメンバーであった東松照明、奈良原一高、細江英公、川田喜久治、佐藤明、プロヴォークに関わった中平卓馬、森山大道、高梨豊らに加え、荒木経惟、榎倉康二、西村多美子、濱谷浩らの作品や写真集、プロヴォークの誌面などを取り上げる。スペインで展覧会開催。
    6,120円(税抜)
  • 8563
    Street Photography: A History in 100 Iconic Photographs
    マーガレット・バーク=ホワイト、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョエル・マイヤーウィッツ、ゴードン・パークス、ケルテース・アンドル、ガリー・ウィノグランド、ロジャー・メインらが撮影した写真とともに、ストリートスナップの歴史を振り返る一冊。
    4,780円(税抜)
  • 8564
    Thomas Joshua Cooper: Refuge
    風景写真家トーマス・ジョシュア・クーパーがイーストエンド、ロングアイランド、ハドソン川などアメリカ東部を撮影した作品をまとめた一冊。
    5,740円(税抜)
  • s7384
    Guy Tillim: Museum of Revolution (特価品)
    南アフリカ人フォトグラファー、ガイ・ティリム(Guy Tillim)の作品集。
    [通常価格¥6,600より 20%off]
    5,280円(税抜)
  • 8518
    ホンマタカシ/ Takashi Honma: Trails(サイン本)
    日本人写真家、ホンマタカシの作品集。北海道の知床国立公園で狩猟された鹿の血の痕跡(trails)が影を感じさせながらも美しく綴られている。儀式的に描かれた痕跡か、それともカリグラフィーで書かれた文字か。2009年から2018年の冬の間に撮影された鹿の血痕は、この一冊の作品集の中で抽象的かつ象徴的に描かれる。
    6,400円(税抜)
  • 8534
    Chad Moore: Memoria(ご予約)
    フロリダ生まれ。ライアン・マッギンレーのアシスタントを経て、ニューヨークを拠点に現在はファッションなどを中心活躍するアメリカ人フォトグラファー、チャド・ムーアのこれまでの作品をまとめた写真集。
    6,400円(税抜)
  • 8536
    Coco Capitán: Busy Living
    スペイン人フォトグラファー、アーティストのココ・キャピタン(Coco Capitán)の作品集。その年齢からは想像がつかないほど、本作は万華鏡のように千変万化な作者のスタイルを魅せており、制作年数を超えた自由さと開放感に満ちている。
    6,600円(税抜)
  • 8537
    Coco Capitán: If You've Seen It All, Close Your Eyes
    スペイン人フォトグラファー、アーティストのココ・キャピタン(Coco Capitán)の作品集。作者が10年間に渡って自身のノートに手書きで綴ったテキスト作品から抜粋、編纂されている。
    6,000円(税抜)
  • 8547
    Patrick Waterhouse: Restricted Images: Made With the Warlpiri of Central Australia
    イギリス人写真家パトリック・ウォーターハウスがオーストラリア・ノーザンテリトリーにあるワールクラング・アートセンターで、地元のアボリジニであるワルピリ族のアーティストたちと一緒に制作した膨大な数の作品をまとめた1冊。ワルピリ族の人々に自分たちを撮影した写真を塗りつぶしてもらうことによって、モノクロの記録写真は、カラフルなアクリル絵の具で描かれた手の込んだ美しい模様によって生まれ変わった。
    6,500円(税抜)
  • 8550
    Lee Friedlander: The Mind and the Hand
    過去5年間でリー・フリードランダーが撮影した自身の親友6人のポートレート集。スリップケースに入った6冊セット。
    15,120円(税抜)
  • 8558
    Daniel Shea& OK-RM: Ex Nihilo
    イギリスを拠点とするデザインユニット「OK-RM」と、アメリカ人フォトグラファー 、ダニエル・シェア(Daniel Shea)によるコラボレーションプロジェクトから派生した作品集。『Ex Nihilo』とはラテン語で「Out of Nothing(何もない)」を意味する。
    8,800円(税抜)
  • 8545
    Juergen Teller:The Master IV
    ファッション写真家ヨーガン・テラーが2005年にスタートした「The Masters」シリーズの久しぶりの新作。このシリーズはヨーガン・テラーが「マスター」あるいは「マスターフル」と信じるものへ捧げた小型写真集で、今回は彼にとって最も重要な4人のマスター -、荒木経惟、ウィリアム・エグルストン、ボリス・ミヒャロフ、シャー ロットランプリングに捧げられ、この4人を撮ったポートレート作品で構成されている。
    1,910円(税抜)
  • 8552
    Martin Parr: Portraits (Postcards)
    イギリスの写真家マーティン・パーが近年撮影した数多くの著名人を含むポートレートのポストカードセット。
    2,380円(税抜)
  • 8510
    Martin Parr: Only Human
    独創的かつウィットに富んだマーチン・パーの写真は、近代的な生活の奇妙さを映し出す。2019年ロンドンのナショナル・ポートレート・ギャラリーでの個展の開催、そしてイギリスのEU離脱と同時に出版された本作は、この変化と回顧の時代に人間として生きる意味を問う。ここ10年間の新しい作品たちをまとめた一冊。日々の生活習慣や文化的慣習から「英国人」という概念や、国民としてのアイデンティを見出すのは、人間だけなのだ。(publisher's description)
    7,510円(税抜)
  • 8542
    Anne-Sophie Guillet: Inner Self(サイン本)
    アンソフィー・ギュエは、2013年から2018年にかけて中性的な若者の写真30点あまりを、シリーズとして丹念に築き上げてきました。被写体となる若者の多くは、彼女が日々生活するなかで偶然に出会い、男性/女性という性別二元制や規範的モデルから逃避しているようにみえる佇まいに彼女は目を惹かれました。
    4,200円(税抜)
  • 8546
    Luigi Ghirri / Claude Nori: l'amico infinito
    幾何学者、コンセプチュアルアーティスト、写真家、理論家、編集者、展覧会主催者など、様々な肩書を持つイタリア人ルイジ・ギリとの思い出を、友人で写真家のクロード・ノリが語り、それぞれが撮影した思い出の写真も合わせて紹介する。一緒に出かけた旅行や撮影・現像技術についての意見交換、ネオ・レアリズモ映画についての議論など。2019年2月12日から6月2日までジュ・ド・ポーム国立美術館で開催中のルイジ・ギリの展覧会 Cartes et territoires に際しての刊行。
    5,400円(税抜)
  • 8210
    Luigi Ghirri: The Map and The Territory
    イタリアのカラー写真界のパイオニアでもあるルイジ・ギリの作品集。1970年代から80年代にかけて壮大なプロジェクトに取り組み、残された膨大な作品と文章が写真の歴史に大きな影響を与えている。本書はヨーロッパの三か所の美術館で2018〜2019年に開催される巡回展に伴い刊行。複製、図像、ポスター、模型、地図といった形で世界を描写することへ深い関心を抱き、そこから新たな種類の地理を作ろうとした。本書の編纂においては、静かな感動を呼びおこすその制作に焦点が置かれている。
    7,800円(税抜)
  • 8388
    Dewey Nicks: Polaroids of Women
    ファッション写真家としてラルフ・ローレン、トミー・ヒルフィガー 、ナイキなどの写真を手掛けヴォーグ、ハーパーズバザー、W 、ヴァニティ・フェアなどの雑誌を舞台に多くのセレブやスーパーモデルを撮影してきたデューイ・ニックスが、1990年代の撮影セッションのアーカイヴの中から何千ものポラロイドが詰まった箱を発見。時間の経過を感じさせるポラロイドの自然な退色にさえも心惹かれるイメージから写真集を生み出した。
    5,600円(税抜)
  • 8539
    Guy Tillim: Museum of Revolution
    南アフリカ人フォトグラファー、ガイ・ティリム(Guy Tillim)の作品集。ヨハネスブルグ、ダーバン、マプト、ベイラ、ハラレ、ナイロビ、キガリ、カンパラ、アジスアベバ、ルアンダ、リーブルヴィル、アッカ、ダカール、ダルエスサラームなどアフリカ各地の首都に赴き、長期間歩き回って撮影した作品を収録。
    6,600円(税抜)
  • 8540
    John Lehr: The Island Position
    アメリカ人フォトグラファー、ジョン・レアー(John Lehr)の作品集。本書タイトル「Island Position」は広告用語であり、"紙面にだけに囲まれ競合する広告が隣に配置されていない" という希少な広告掲載場所・配置を指す。
    6,400円(税抜)
  • 8538
    Alex Majoli: Scene
    国際的写真家集団「マグナム・フォト」正会員であり、会長を務めた経歴も持つイタリア人フォトグラファー、アレックス・マヨーリ(Alex Majoli)の作品集。作者は、8年間に渡っていくつもの大陸に足を運び、事件がおきている様子と特段事件というほどでもない出来事双方の瞬間を写真に収めてきた。
    6,600円(税抜)
  • 8473
    Talia Chetrit: Showcaller
    アメリカ人写真家、タリア・チェトリットの作品集。ティーンエイジャーの頃から24年間に渡り撮りためたイメージをばらばらに分解し巧みに混ぜ合わることで、異なるジャンルを隔てる空間をニュートラルにする。どんな主題やテクニックを使おうとも作品の焦点はイメージのジャンルを規定する社会的、概念的、技術的な基本条件を突き止めることに置かれている。そこにはカメラが持つ物理的・歴史的な制限をコントロールし、イメージを意のままに操る可能性を解明し、写真家と被写体との間の関係を問い直したいという欲望が隅々まで染み込んでいる。
    6,400円(税抜)
  • m0481
    Dominie-Werk No.26: Beton Brut
    640ページに及ぶ紙面は高濃度のインクを何重にも重ねて印刷され、それが両側から綴じられている。もはや読むための雑誌を超越し、限りなくアートピース(もしくはオブジェ)に近づいたWERK No.26。常に奇抜な造本で読者やコレクターを驚かせてきたWerk史上においてすら最も革新的な1冊。
    8,500円(税抜)
  • 8555
    有元伸也: TIBET
    『TOKYO CIRCULATION』など、都市のスナップショットで知られる有元伸也の長らく絶版となっていたファーストフォトブック『西藏より肖像』(1999年・ビジュアルアーツ刊)を再編、未発表作を追加収録した新装版。
    6,278円(税抜)
  • 8523
    大竹伸朗: ビル景 1978–2019
    美術家・大竹伸朗が1978年から2019年現在まで約40年間継続して制作を続ける 「ビルディング・シリーズ」=「ビル景」全作品を収めた画集。B4サイズという大判の判型により質感や作品の細部まで再現され、活版印刷を施した装丁や、封入された特製付録「活版画」は、 印刷物にこだわりのある読者にも満足できる一冊となっている。
    9,800円(税抜)
  • 8535
    谷口昌良: PHOTO-BOY 1988-2011 Life, Photography, and Home
    谷口昌良が永年にわたって写真と向き合うなかで生まれた数々の作品を纏めた「写真少年シリーズ」の完結編にあたる第恵董10年間にわたってアメリカで過ごした時代を纏めた前作「PHOTO-BOY 1979-1988 MY ROSE PERIOD IN AMERICA」(2017年)に続き、本書では1988年の帰国後に結婚・子供の誕生といった新たな人生の転換期を迎え、東日本大震災の直前までの家族の在り様を日記と共に紡いでいく。
    6,000円(税抜)
  • 8471
    Wolfgang Tillmans: Kaiserringtrager Der Stadt Goslar 2018
    現代美術界で重要な賞の一つである「ターナー賞」を2000年に受賞し、ロンドンとドイツを拠点として活動するドイツ人フォトグラファー、ヴォルフガング・ティルマンス(Wolfgang Tillmans)の作品集。功績を認められた現代美術家に贈呈される「カイザーリング(皇帝の指輪)」の受賞と、それを記念して2018年から2019年に渡ってメンヒェハウス近代美術館(ドイツ)で開催された展覧会に伴い刊行された一冊。
    5,000円(税抜)
  • 8271
    Wolfgang Tillmans: Dzhk Book 2018
    現代美術界で著名なギャラリスト、デイヴィッド・ツヴィルナーが香港で展開するギャラリーで2018年秋開催のヴォルフガング・ティルマンズ展のカタログ。ティルマンズのポートレートやスティルライフ写真の最近の発展を見せつつ、自己完結的環境を実現すると同時に、周囲に対応する新作・近作を幅広くセレクトして特集する。
    4,450円(税抜)
  • 8475
    Anja Niemi: In Character
    ノルウェーのオスロ出身の女性写真家アンニャ・ニエミの写真集。アリゾナの砂漠やモーテル、その他さまざまな設定の中に架空の人物を配して撮影した作品。彼女のイメージはアイデンティティ、ジェンダーの役割、自分自身との関係について多層的、映画的に探究する。
    4,600円(税抜)
  • 8223
    富安隼久/ Hayahisa Tomiyasu: TTP
    日本人写真家、富安隼久(Hayahisa Tomiyasu)の初作品集。ドイツ・ライプツィヒで、当時作者が住んでいた学生寮の部屋の窓から撮影した写真で構成。8階の南向きの部屋から見渡せる公園に置かれた卓球台に焦点を当て、デッドパン・スタイル(※註)を用いて定点観測的に撮影。
    5,550円(税抜)
  • 8497
    Maria Svarbova: Swimming Pool
    凍りついたような人物たちが佇む白昼夢。 透き通るような色彩で幾何学的に構成された世界は、 遠い未来のようであり、どこか懐かしさも感じさせる。 ハッセルブラッドマスターズアワード2018(アート部門)を受賞し、SNSでも注目を集める気鋭のスロヴァキア人写真家、待望の初写真集。
    3,800円(税抜)
  • 8479
    Kelly Beeman: Window Shopping
    意匠を凝らした刺繍のブルゾン、ストライプのベルボトム、レースのエンパイアドレス、バイカージャケット、遊び心あるシルバーのイヤリング。J.W. Andersonやディオール、プラダ、ロエベ、MIUMIUなどに身を包み、エキゾチックな庭、洒落たプールサイド、ピクニック、カントリーハウス、カクテルパーティーに集う男女。登場人物やインテリアデザインは作者がオクラホマで過ごした幼少期の思い出に溢れている。J.W. Andersonやロエベなどの仕事で人気のファッションイラストレーター、ケリー・ビーマンの作品集。
    5,500円(税抜)
  • 8480
    Axel Hoedt: NOKI
    本書はドイツの写真家 Axel Hoedt(アクセル・ホーデ)と、アーティストJJハドソン(Noki)との10年にわたるコラボレーションによって生まれた作品の数々をまとめた一冊。NOKIは破壊的であり、有名であるが匿名のアーティストで、彼が着用しているマスクでしか見分ける事が出来ない。彼は自分のテキスタイルのコラージュと1回限りのファッション作品を使い、ブランディングの本質を問い、特にメガスポーツブランド、有名企業の大量生産された衣服への批判を表現している。
    6,400円(税抜)
  • 8489
    How We See: Photobooks by Women
    フォトグラファー、キュレーター、エディター、パブリッシャーなど写真に関わる10名の女性がそれぞれ10冊の女性アーティストの写真集をセレクト、計100冊の写真集を豊富なヴィジュアルつきで紹介する。さらに巻末には、写真史に残る重要な女性写真家写真集を年代ごとに選んだリストを掲載。
    8,400円(税抜)
  • 8451
    Alec Soth: I Know How Furiously Your Heart Is Beating (サイン本)
    現在最も人気の高いアメリカの写真家の一人、アレック・ソスの『Songbook』『Gathered Leaves』以来の出版物となる新作写真集。家の中での生活を意識した大判カラー作品。
    8,500円(税抜)
  • 8452
    Alec Soth: I Know How Furiously Your Heart Is Beating (Special Edition A)
    現在最も人気の高いアメリカの写真家の一人、アレック・ソスの『Songbook』『Gathered Leaves』以来の出版物となる新作写真集。150部限定サイン・ナンバー入り、スリップケース入り。オリジナル・プリント付き(プリントイメージは2種類からお選び頂きます)
    62,000円(税抜)
  • 8453
    Alec Soth: I Know How Furiously Your Heart Is Beating (Special Edition B)
    現在最も人気の高いアメリカの写真家の一人、アレック・ソスの『Songbook』『Gathered Leaves』以来の出版物となる新作写真集。150部限定サイン・ナンバー入り、スリップケース入り。オリジナル・プリント付き(プリントイメージは2種類からお選び頂きます)
    62,000円(税抜)
  • 8512
    真鍋奈央: 波を綴る(サイン本)
    偶然とも必然ともとれるような出会いから大切な存在となっていった彼ら 変わりゆく風景の中にも大切な彼らの生きてきた時間が包含されているように思いました-真鍋奈央 高校生時代に ハワイに留学したことををきっかけに、十数年間にわたりハワイを撮り続ける真鍋奈央の写真集。三回入江泰吉記念写真賞受賞記念写真集として出版。
    3,000円(税抜)
  • 8515
    村越としや/ Toshiya Murakoshi: 濡れた地面はやがて水たまりに変わる (サイン入り)
    福島県須賀川市出身の村越は、東京に拠点をおきつつ、2006年以降故郷を被写体に選び、静謐でありながら力強い風景の中に、そこで過ごした自身の記憶をなぞるように継続的に撮影を行っています。
    3,200円(税抜)
  • 8554
    薄井一議: Showa 96 (サイン本)
    多彩な活動を見せる写真家・薄井一議が、『Showa 88/昭和88年』(2011年 Zen Foto Gallery)、『Showa 92』(2015年 Zen Foto Gallery)に連なる「Showa3部作」の完結編となる本作『Showa 96』を満を持して刊行。
    5,000円(税抜)
  • 8409
    Anders Petersen: Okinawa(サイン入りポスター付き)
    「Okinawa」は、ヨーロッパを代表する写真家、アンデルス ・ペーターセンにとって、初めてとなるアジア・日本を舞台とする作品群。本作の「Okinawa」は2000年にヨーロピアン・アイズ・オン・ジャパンのプロジェクトの3週間に及ぶレジデンスプログラムに招聘された際に作られたシリーズ。
    5,000円(税抜)
  • 8524
    Tarkovsky: Films, Stills, Polaroids & Writings
    タルコフスキーの作品の中から数々のシーンをピックアップ。キャストやクルーのインタビュー付き。さらに、54年で生涯を終えたタルコフスキーの詩的な目線を映し出す、ポラロイドも記載。
    5,630円(税抜)
  • 8516
    Andrey Tarkovsky: Life and Work
    アンドレイ・タルコフスキーの作品と生涯を美しいスティル写真と素晴らしいエッセイで紹介した1冊。映画作品を通じて詩的な、そして時には聖書のような強烈さを持つ不穏なイメージを生み出した偉大なる夢想家へのオマージュとして、映画作品のスティル写真に加え、家族アルバムからのプライベート写真、ロシア、イタリアからのポラロイド、ジャン=ポール・サルトル、イングマール・ベルイマンとアレクサンドル・ソクーロフらのコメントなども収録。
    6,300円(税抜)
  • 8553
    荒木経惟/ Nobuyosho Araki: Polarnography
    写真家荒木経惟によって撮影された未発表のポラロイド100枚を完全に複製して箱に収めたセット。1,000部限定。
    14,340円(税抜)
  • 8455
    荒木経惟: Nobuyoshi Araki Impossible Love - Vintage Photographs
    C/O Berlinにて2018年冬から2019年春まで開催の荒木経惟展のカタログ。 初期の東京シリーズ、近年のポラロイド・コラージュ、新しく発展させたスライドショーなど。これらの作品は匿名性と親密さ、公的な範囲と私的な範囲、現実と夢の間の矛盾を探る。
    6,460円(税抜)
  • 8427
    松江泰治: ハンドブック(サイン本)
    1989年より写真家して活動してきた松江の全シリーズを網羅する158点をおさめたハンドブック形式の作品集。世界各地を巡り、砂漠や森林、山岳地帯、歴史や文化といった人間の営みを感じられる都市や墓地など、写真によって地表を収集してきた、松江独自の緻密な表現を美しい印刷で再現。
    2,600円(税抜)
  • 8208
    プロヴォーク 復刻版 全三巻/ PROVOKE Complete Reprint of 3 Volumes
    多木浩二、中平卓馬、高梨豊、岡田隆彦、(後に森山大道)を同人として1968年に創刊された伝説の写真雑誌『プロヴォーク』の完全復刻版。オリジナルの三冊から原稿データを抽出し、写真イメージを忠実に再現。またオリジナルに収録されている文章は英語と中国語に翻訳し、別冊として刊行。
    8,000円(税抜)
  • m0490
    Purple #31 The Paris issue (Saint Laurent by Ola Rindal)
    パリの時代の再来だ。1992年、私たちがこの雑誌を立ち上げた頃、当時のパリはとにかく保守的で進行が遅く、変化とは正反対の街だった。そのため我々は、新しい発見を求めてロンドン、ベルリン、ニューヨーク、東京まで飛ばなくてはならなかった。しかし、そんな時代は終わったのだ。今回、約30年のPurpleの歴史上初めて、色々な意味でこのフランス雑誌の美学を形作ってきた街「パリ」にフィーチャーした号を発行する。-Olivier Zahm
    5,900円(税抜)
  • m0498
    Purple #31 The Paris issue (Berluti by Andreas Larsson)
    パリの時代の再来だ。1992年、私たちがこの雑誌を立ち上げた頃、当時のパリはとにかく保守的で進行が遅く、変化とは正反対の街だった。そのため我々は、新しい発見を求めてロンドン、ベルリン、ニューヨーク、東京まで飛ばなくてはならなかった。しかし、そんな時代は終わったのだ。今回、約30年のPurpleの歴史上初めて、色々な意味でこのフランス雑誌の美学を形作ってきた街「パリ」にフィーチャーした号を発行する。-Olivier Zahm
    5,900円(税抜)
  • m0499
    Purple #31 The Paris issue (Givenchy by Suffo Moncloa)
    パリの時代の再来だ。1992年、私たちがこの雑誌を立ち上げた頃、当時のパリはとにかく保守的で進行が遅く、変化とは正反対の街だった。そのため我々は、新しい発見を求めてロンドン、ベルリン、ニューヨーク、東京まで飛ばなくてはならなかった。しかし、そんな時代は終わったのだ。今回、約30年のPurpleの歴史上初めて、色々な意味でこのフランス雑誌の美学を形作ってきた街「パリ」にフィーチャーした号を発行する。-Olivier Zahm
    5,900円(税抜)
  • m0504
    Self Service #50 (LOUIS VUITTON cover)
    ヴァージル・アブロー、サスキア・デ・ブロウ、エミ・カネコ、デイビット・シムズ、メラニー・ワード、スティーヴン・マイゼル、パオロ・ロベルシ、ヘルムート ラングらによるコラボレーション。
    5,300円(税抜)
  • 8412
    Ed Templeton: Tangentially Parenthetical
    フォトグラファーとして、またペインターとしてスケートボード・カルチャーのカルト的人物として崇拝されるエド・テンプルトンが、ストリートフォトの膨大なアーカイヴから自分自身でキュレ−ションとアレンジを行った写真集。2014年に出版された『Wayward Cognitions, 2014』の続編にあたる。
    5,400円(税抜)
  • 8366
    Ari Marcopoulos: Boarding Pass
    アムステルダム生まれ、現在はニューヨークに拠点を置く写真家、アリ・マルコポロスが旅客機をテーマとした小さな写真集。
    2,800円(税抜)
  • 8508
    Saul Leiter: Here's more, why not
    亡きソール・ライターがギャラリー・フィフティワンでの個展のために当時未発表だった作品の中から選んだ34点のカラー作品。彼の視覚の叙情性と強さが、その雄弁な色彩の扱いにおいて最大限に発揮されている。このカタログが出版された年の秋にソール・ライターは帰らぬ人となった。
    3,400円(税抜)
  • 8509
    Saul Leiter: Photographs and Works on Paper
    近年写真家として大変高い人気を誇るソール・ライターであるが、彼の経歴は画家に始まる。ソール・ライターは写真においても絵においても構成、色の選択、描画スキルを完璧に支配しており、両者を並べてみると彼の写真と絵画がお互いに与える影響が明らかにみてとれる。 2011年に開催された個展のカタログとして作られた作品集。
    3,400円(税抜)
  • 8246
    Saul Leiter: In My Room
    最近発表されたソール・ライターの膨大なアーカイブの中から発見された写真から構成される「In My Room」では、ソール・ライターによる親密な女性の写真を通じて、ヌードの習作の深遠さを垣間見ることができる。1970年代にライターはヌードの写真集を作ろうと計画していたが、生涯そのプロジェクトが実現したことはなかった。本書を通じて、1946年にライターがニューヨークに到着してからスタートさせその後20年間見ることのなかった作品群をはじめて見ることができる。
    6,750円(税抜)
  • 8420
    Amandine Guruceaga: Colour Sparks
    第2回LVMHメディエダール芸術レジデントプログラムに招かれたフランス人アーティスト、アマンディーヌ・グルセアガが、スペインの皮革工場の職人とコラボして約20本の皮革をベース制作した作品。皮革工場で行われた6時間のペインティング・パフォーマンスや展示空間でのディスプレイ風景など創作プロセスも垣間見ることができる。
    7,800円(税抜)
  • 8448
    Thomas Demand: The Complete Papers
    ベルリンとロサンゼルスを拠点に活動するドイツ人アーティスト、トーマス・デマンド(Thomas Demand)の作品集。本書は作者が活動してきた28年間の多岐にわたる作品群、またその取り組みに関し執筆された文章、展覧会の記録や経歴をまとめた目録的一冊であり、1990年代初期に制作された未発表作品や参考として複製されたものも含んだ内容となっている。
    15,800円(税抜)
  • 8464
    Bernard Plossu: Des Oiseaux
    「半分は旅人で半分は写真家」自らをそう称する旅の写真家ベルナール・プロスが何年もの間世界を駆け巡るなかで捉えた鳥の姿。群れなして飛ぶ鳥、一羽だけのはぐれ鳥、山の頂きをも超えて舞い上がる鳥、カフェの椅子で周りを窺う小鳥、子育てする燕、風になびく猛禽類・・・優しさと好奇心、ファンタジーを含んだ視線で撮られた作品。
    6,900円(税抜)
  • 8503
    Ralph Gibson: Self-Exposure
    写真家として約半世紀のキャリアを持ち2019年1月に80歳を迎えたラルフ・ギブソンが、自らの作品や写真家としての人生、影響を受けた他の写真家などについて語る。写真作品も多数収録されており、読みやすい英語で書かれている。
    7,900円(税抜)
  • 8316
    Todd Hido: Bright Black World
    20年以上もの間、ミステリアスな郊外のシーンや荒涼とした風景、独自のスタイルが光るポートレイトなどから物語を紡ぎだしてきたトッド・ハイドの新しいモノグラフ。作者は北アメリカを旅し、良く知っているようでいて実は知らない、暖かく迎えてくれるようでありながらどうにも落ち着かない、そんな二面性のある場所を写真で捉えてきた。
    10,500円(税抜)
  • 8364
    Michael Kenna: A 45 Year of Odyssey
    孤高の風景写真家マイケル・ケンナの代表作から初公開作品まで、世界各地で撮影された秀逸な作品を網羅する45年間の集大成。崇高な美意識によって印画紙に綴られる静謐を湛えた作品100点をケンナ自身がセレクトすると共に、書き下ろしエッセイを寄せている。
    4,500円(税抜)
  • 8363
    Michael Kenna: 裸婦/ Rafu
    静寂に満ちたモノクローム風景写真で人々を魅了する世界屈指の風景写真家、マイケル・ケンナが初めて発表するポートレイト・シリーズ。 写真家がこの10年間秘かに日本の古い家屋で撮影してきたヌード作品。日本語版初版500部限定。
    8,000円(税抜)
  • 8474
    Mona Kuhn: Bushes & Succulents
    ブラジル人女性写真家モナ・クーンの作品集。ジョージア・オキーフの花の絵を思わせるイメージ群とソラリゼーションにより女性の肌をメタリックに輝かせたヌード作品により構成。
    7,600円(税抜)
  • 8450
    Hart Leshkina: Out of You
    ロサンゼルスをベースとするアーティストデュオ、ハート・レシュキナが、子どもから思春期へと向かう少女をモデルに、自己表現、アイデンティティの構築、主観性、記憶をテーマにした写真集。短期間に数回に渡り撮影した一人の少女はあるページでは幼い子どものようであり、次のイメージではティーンエイジャーに見える。幼年期の断片化された記憶を思い出させ、見る者に自分自身の内なるもの呼び起こす作品。
    5,800円(税抜)
  • 8118
    Sophie Calle: True Stories (3rd edition)
    1994年に出版されて以来、ソフィ・カル伝説的定番タイトルとなった『True Stories』に今回6つの新しい物語を加え、断片的な自叙伝と写真を収めた一冊。
    4,410円(税抜)
  • 7690
    Sophie Calle: Rachel Monique
    フランスを代表する現代アーティスト、ソフィー・カルが2007年に死んだ母親へのオマージュとしてPalais de Tokyoで発表したインスタレーション展示に合わせて作れたアートブッ ク。作家自身とのコラボレーションにより美しくデザインされた本書の表紙にはインスタレーションに関連したテキストが刺繍され、ソフィー・カルの作品のテクスチャーを呼び起こすかのようである。
    9,310円(税抜)
  • 8038
    笠原美智子: ジェンダー写真論1991-2017
    東京都写真美術館の学芸員としてジェンダーの視点から写真、現代アートと社会の関わりを問い続けたパイオニアである著者の、1991〜2017年にかけてのテキストを豊富な図版と共に収録。
    2,700円(税抜)
  • 8485
    石川直樹: この星の光の地図を写す(北極カバー)
    海抜0mから標高8848mまで――人と自然のあらゆる辺境を旅し、きらめく命の点滅を見つめてきた写真家・石川直樹。前人未到の記録であり、記憶のぬくもり。20年の旅の軌跡をおさめた大冊。
    5,500円(税抜)
  • 8486
    石川直樹: この星の光の地図を写す(南極カバー)
    海抜0mから標高8848mまで――人と自然のあらゆる辺境を旅し、きらめく命の点滅を見つめてきた写真家・石川直樹。前人未到の記録であり、記憶のぬくもり。20年の旅の軌跡をおさめた大冊。
    5,500円(税抜)
  • 7712
    志賀理江子/ Lieko Shiga: Blind Date
    2009年にタイのバンコクで、バイクの二人乗りで疾走する恋人たちを撮影した志賀理江子の写真集。バイクの後部座席に座っている何百何千人の見知らぬ他者と視線を交わし続け、自身の身体に潜む生物としての勘を取り戻すような行為の中で生み出されたシリーズ。
    8,000円(税抜)
  • 8150
    志賀理江子/ Lieko Shiga: ブラインドデート 展覧会
    2017年6-9月に香川県・丸亀市猪熊現代美術館で開催された「志賀理江子 ブラインドデート」展のカタログ。3冊組となっており展覧会を追体験し、また再検証をする。志賀理江子の作品制作や思考過程を探求できる濃密な内容となっている。
    3,980円(税抜)
  • 8281
    Masahisa Fukase
    1960年代から日本写真の第一線で活躍した写真家・深瀬昌久。1992年の不慮の事故により、その活動は閉ざされた。「鴉」が不朽の名作として語り継がれる一方、そのほか大半の作品が紹介される機会は失われた。本書は、謎多き写真家 深瀬の40年間に及ぶキャリアを俯瞰しその写真表現の全貌を初めて浮き彫りにする決定版。
    8,000円(税抜)
  • 7595
    深瀬昌久/ Masahisa Fukase: 鴉/ RAVENS
    日本人写真家、深瀬昌久の作品集。写真という媒体の歴史の中で最も重要な写真集の一つとしていつの時代にも高く評価されてきた写真家・深瀬昌久の『鴉』は、1986年に初版が刊行され、その後、2度復刻されているが、いずれも限定部数での発行だったこともあり、直ちに完売となっている。
    11,500円(税抜)
  • 8428
    須田一政: 網膜直結指先目カメラ
    1991年から1992年の間 、須田はミノックスカメラに魅力されていた。彼曰く「これほど行動に寄り添ったカメラは後にも先にもない」。90年代から行われてきた写真展「TRANCE」「基隆」「家族日記」「裸の都市」「台北街視」「夜になる前に」の一部分の作品に加え、600点余りの未発表カットからセレクトされた、今回初めて世に送り出される400点以上のミノックス作品が本書に収録されている。
    5,000円(税抜)
  • 8374
    石内都/ Miyako Ishiuchi: Beginnings 1975(サイン本)
    写真家、石内都の暗室に40年以上眠っていた最初期の作品群。初めて暗室を作り横浜・横須賀周辺の写真を習作としてプリントしたという作品ながら、『絶唱、横須賀ストーリー』『アパート』『連夜の街』へつながる視線を既に確認できる。
    3,200円(税抜)
  • 7858
    石内都/ Miyako Ishiuchi: yokohama 互楽荘(サイン本)
    かつて横浜にあった集合住宅地・互楽荘。1932年に東京の商人が娘のために建てたが、太平洋戦争後、アメリカ軍兵士のための 赤線第一号の建物となった。「その事実を知ったことで同潤会アパートとはどこか違う影の濃さをはじめに感じたことが納得できた」 (あとがきより)。初期の代表作『APARTMENT』(1978年)と対をなす、もうひとつの「アパートメント」と言えるこの作品集を見ることで、建物が持つひとつの歴史が浮かび上がってくる。
    3,800円(税抜)
  • 8326
    花代/ Hanayo: 何じょう物じゃ(あんにゃもんにゃ)
    タイトルにある「何じょう物じゃ」とは正体不明の木を指す「なんじゃもんじゃの木」のこと。この木が江戸時代から現在に至るまで、代変わりをしながら神宮外苑に存在していることを知った花代は、この言葉を手がかりに、ひと夏の物語を紡いだ。「見える/見えない」と「わかる/わからない」をゆらゆらと揺蕩いながら、作家の新たな一面を見せる作品。
    2,000円(税抜)
  • 7844
    春木麻衣子 / Maiko Haruki: _etc. (サイン本)
    初の作品集「●○」、「Dazaifu」、「Possibility In Portraiture」に続く、写真家・春木麻衣子4冊目の作品集。近年の作品「みることについての展開図」、最新作の「vision | noisiv」を収録した待望の1冊。
    5,000円(税抜)
  • 8385
    尾仲浩二/ Koji Onaka: あの頃、新宿で memories of younger days in Shinjuku(サイン本)
    「"あの頃の新宿”の路上には、颯爽とした浩二君と、鬱然たる尾仲君の二人が立っていた。」(森山大道)新宿二丁目のCAMP、花園神社脇のアルバイト先、西新宿のアパート、成子坂下のギャラリー街道と、かつて生活のすべてが新宿であった尾仲浩二が、1982年から94年にかけて撮った作品。深瀬昌久、森山大道、中平卓馬ら写真界のレジェンドの当時の姿も。初版500部
    3,200円(税抜)
  • 8850
    David Lynch: Nudes
    デビッド・リンチの写真と絵画作品のベールを剥がしたした「Air Is on Fire」展から10年、パリのカルティエ現代美術財団は120点以上の女性ヌード写真を収録したデビッド・リンチの新しい写真集を発表した。これらの写真は抽象的なものに近く、女性の多面的な見方を提示する。それらはリンチの映画作品を連想させつつ、彼の人体の無限の多様性に対する強い興味を明らかにする。
    9,020円(税抜)
  • 8151
    Ralph Gibson: Nude
    『Somnambulist』『Deja-Vu』などの写真集で知られるラルフ・ギブソンのコレクターズエディションの小型復刻版。特徴的な構図により人気の高いヌード作品を集める。
    7,180円(税抜)
  • 8457
    Robert Adams: From the Missouri West
    19世紀のアメリカのフロンティアはミズーリ川を起点としていた。その向こうには自然の壮大さと純粋さそなえた風景が広がる。70年代半ばから80年代にかけてロバート・アダムスが撮ったアメリカ西部の風景は、そんなアメリカの最後のフロンティアに関する広範な思い出、神話、後悔を喚起する。人間の手により変容したアメリカの風景を撮り続けたロバート・アダムスの1980年出版のタイトルを、3色印刷による美しい大判白黒写真集として出版。
    16,750円(税抜)
  • 8219
    James Turrell: Extraordinary Ideas—Realized
    光を用いて人々の知覚を揺さぶるイン光を用いて人々の知覚を揺さぶるインスタレーションで知られる現代美術家ジェームズ・タレル。2018年に開催されるドイツ・バーデンバーデンの展覧会のために出版された本書は、1960年代以降の彼の様々なキャリアから包括的に作品を収録。
    10,640円(税抜)
  • 8300
    Viviane Sassen: Hot Mirror
    ファッション写真家としてもアーティストとしても世界的に評価の高いオランダの写真家ヴィヴィアン・サッセンの2017−18年新作や未発表作を含め、ここ10年の作品を振り返る展覧会カタログ。
    7,380円(税抜)
  • 8109
    Lous Martens: Animal Books For/ Dierenboeken Voor Jaap Zeno Anna Julian Luca
    オランダのグラフィックデザイナー、カレル・マルテンスの妻ルース・マルテンスが5人の孫のために作った動物帳(スクラップブック)をもとに、マーティン一家が作り上げた楽しいアートブック。
    6,450円(税抜)
  • 8206
    Valerie Phillips: We Smell Like Time
    ヴァレリー・フィリップスの2018年新作フォトブック。今回のモデルはロックTやスラッシャーを着こなすキュートなスケートガール!500部。
    2,400円(税抜)
  • 8338
    Mario Sorrenti: Kate
    イギリスのファッションモデルで300以上の雑誌の表紙を飾り、多くの広告キャンペーン出演で知られるケイト・モスを、90年初めに恋人だったイタリア人写真家マリオ・ソレンティが撮影。若いモスの親密で未公開のポートレート集。
    15,290円(税抜)
  • 8309
    Mert Alas and Marcus Piggott
    ファッション写真界を席巻する写真家デュオ、マート・アラス&マーカス・ピゴットのヴォリュームたっぷりの写真集。シャーロット・コットンが序文を寄せている。
    11,560円(税抜)
  • 8103
    Irving Penn
    ファッション写真界の巨匠アーヴィン・ペンの生誕100周年記念展覧会が、パリのグランパレに巡回した際にミュージアムグッズとして制作された小型ハードカバー写真集。切り離してポストカードとしても使えるよう厚い紙に印刷された写真集部分とテキスト冊子からなる。展覧会のハイライトを楽しむ写真集として、コレクションアイテムとして、ギフトとしておしゃれで手頃な1冊。
    3,130円(税抜)
  • 7656
    Irving Penn: Centennial
    20世紀の写真家の中でも最も尊敬され大きな影響を与えた巨匠の1人、アーヴィン・ペンの生誕100周年記念した回顧写真集。アーヴィン・ペンは構図、ニュアンス、ディテールに細心の注意を払うことで有名なスタジオ撮影の美学を、70年に及ぶキャリアの中で徐々に熟練させていった。本書は有名なイメージから今までに出版されたことのない作品まで、写真集としては過去最大級の作品を収録。ペンの生誕100周年を記念しニューヨークのメトロポリタン美術館で開催される展覧会のカタログとして出版。
    12,530円(税抜)
  • 8241
    Terri Weifenbach/ Kate MacDonnell: Heliotropism
    2人の女性写真家、テリ・ワイフェンバックとケイト・マクドネルの二人展「Heliotropism」のカタログ。2人は共にアメリカ、ワシントンD.C.に在住し、自然を愛し自然と対峙しながら写真作品を制作している。本カタログにはテリ・ワイフェンバックが2015年に日本で撮った17点の作品とケイト・マクドネルがこの10年間にあちこちを旅しながら制作した17点を収録。
    1,667円(税抜)
  • 8275
    Raymond Depardon: Japon Express de Tokyo a Kyoto
    世界的に有名な写真家レイモンド・ドゥパルドン(Raymond Depardon)が2016年と2017年の日本短期滞在の際に愛用のライカのカメラで撮影した東京や京都の街、途中の田園風景など100点のカラー写真を紹介する。
    2,400円(税抜)
  • 8357
    Raymond Depardon: Depardon Usa
    多彩な活動で知られる写真家レイモンド・ドゥパルドンが写したアメリカの写真を収録。ドゥパルドンは、キャリアの中で何度もアメリカに足を運び、自身の雑誌のため、また歴史の重要な瞬間を移すため、そしてアメリカ大陸のより瞑想的な風景の写真を撮るために旅をした。2018年にフランスのRencontres d'Arlesで開催した展覧会に際して出版された。
    8,900円(税抜)
  • 8009
    William Eggleston: Election Eve
    1977年に出版されたウィリアム・エグルストンのアーティストブックの復刻版。わずか5冊のみ制作されたオリジナルは最も蒐集困難なエグルストンの本とされている。第39代アメリカ大統領の選挙直前にジミー・カーターの出身地プレーンズに赴き、メディアの華やかな報道とは異なる現実を捉えた作品。
    14,600円(税抜)
  • 8504
    伊丹豪/ Go Itami: ( this year’s model ) special edit ver. 2018
    イメージに中心を持たせないということを常々意識している。中心がないというのは、イメージを構成する種々の要素に優劣をつけるのではなく、なるべく並列して見せるということである。 そもそも写真は複製であり、写ってしまったものは本質的に優劣のつきようがなく、等しく等価なはずである。
    15,000円(税抜)
  • 8429
    佐内正史/ 御徒町凧: Summer of the DEAD(サイン本)
    写真家、佐内正史と森山直太朗の作詞共作者として知られる詩人、御徒町凧のコラボによる1冊。東京、沖縄、⾹港マカオ。⾒えないゾンビと戦いながら、共に旅した2 ⼈の冒険の書。
    3,240円(税抜)
  • 8072
    Hiroshi Sugimoto: Gates of Paradise
    世界的に人気の高い現代写真家、杉本博司が「天正遣欧使節」をテーマとした作品。ニューヨークのジャパン・ソサエティー創立110周年を記念した「杉本博司:天国の門」展(2017年10月20日〜2018年1月7日)に合わせて出版。
    10,650円(税抜)
  • 7998
    森山大道/ Daido Moriyama: Ango (日本語版)
    本書は、1947(昭和22)年に発表された坂口安吾の短編小説『桜の森の満開の下』に、森山大道が撮り下ろした桜の写真作品を加え、新たに編集し造本した“ 書物” である。
    5,800円(税抜)
  • 8487
    Ray K. Mayzker: Unknown(ご予約)
    作は、メッカーのエステートが保管してきた、数多くの未発表作品から2年以上かけて調査、セレクトされた作品群を収録している。一部過去の作品集に収録された作品もあるが、ほとんどの作品が今回が初めて世に出すものとなる。
    SOLD OUT
  • 8488
    Gerry Johansson: America Revised(サイン本)(ご予約)
    Mack や Librarymanからも作品集が刊行されている、スウェーデン人写真家のゲリー・ヨハンソンの新刊「America Revised」。70年代から今日までにアメリカにて撮影された作品群をまとめたものになります。 今までモノクロのイメージで世界各地の建築物・都市を捉えた作品群を発表してきたヨハンソンだが、今回初めてカラー作品も発表する。
    SOLD OUT
  • 7721
    Feast for the Eyes The Story of Food in Photography
    ロジャー・フェントン、エドワード・ウェストン、アーヴィング・ペン、スティーブン・ショア、ヴォルフガング・ティルマンズ、荒木経惟、パーチン・パー、シンディ・シャーマン、ソフィー・カルらをはじめ、ファインアート、ファッション、フォトジャーナリズム、ソーシャルネットワーキング、広告などから食べ物をテーマとした写真をスーザン・ブライトがキュレーションした写真集。
    SOLD OUT
  • 8152
    Diane Arbus: A Box of Ten Photographs
    ダイアン・アーバスの代表作である《A Box of Ten Photographs》を収録した1冊。アーバスの遺作であり代表作である同作は、アーバスの評価を決定づけるとともに写真史に残る伝説の作品となった。
    SOLD OUT
  • 8303
    Players Magnum Photographers Come Out to Play
    遊び心をテーマにした本書は、マグナムの写真家による作品を収録。クリスティーナ・ガルシア・ロデロの子供の白黒画像から、ブルーノ・バービーの水中で一見サイクリングをしている少年の写真までさまざま。
    SOLD OUT