洋書写真集とアートブックの専門店

No. 6584
Thomas Struth
7,500円(税抜)

ドイツ人フォトグラファーThomas Struth (トーマス・シュトゥルート)の作品。本書は2009年と2011年、そして2014年にイスラエルおよびイスラエル軍占領下のヨルダン川西岸地区において撮影された16枚の作品から構成。まるで作家が一カ所に留まりながら一点を見つめていたかのように、それぞれレンズが向けられた景色が一つの地学的・政治的現実に帰着し、イスラエルとヨルダン川西岸地区における状況が、人間社会の営みの縮図であるかのように描写されていおり、我々が生きるこの世界の相容れない多様性と本質を究明し「領域における対立の粒子」を浮き彫りにしようとしている。巻末にドイツ人美術史家のUlrich Loockによるエッセイを収録。パレスチナ自治区が直面している複雑さを12名の世界的写真家達の目を通して検証するプロジェクト「This Place」への参加から制作された作品を元に発行。カラー。(press releaseより) 60p 31x30cm ハードカバー 2014 English