洋書写真集とアートブックの専門店

No. 10051
上田義彦: Māter
4,000円(税込4,400円)

自然、人、すべてを対等に捉え、根源的な生命としての存在を表す、上田義彦の写真集。時を超えて、ふとそこに置かれたマガジンのような佇まいの本書には、月の光のもとで撮影された滝や渓谷と女性の身体とが、一対として現れる。 漆黒の闇の奥に見える水流、たゆたう身体。生命の源として在るそれらと呼びかわすように、タイトルはラテン語の「Māter」(マーター、母・源、の意)から採られた。水と身体とが響きあうなかで、生命を育む地球と人とが重なる不思議。存在が分かちがたく連なる在りようを、『Māter』は密やかに映し出す。 1990年に撮影したアメリカインディアンの聖なる森「Quinault」、2011年に屋久島の森を撮った「Materia」、そして2017年の「林檎の木」に続くこのシリーズは、命の根源をたどる旅のなかにある。「Materia」(木の幹)、「Water」(水)という言葉もまた「Māter」(母・源)から派生したものであり、シリーズは相互に関わりあいながら、世界の成り立ちに眼差しを注いでいる。64p 29x22cm ソフトカバー 2022 Japanese

掲載のイメージや情報は発売前のリリース情報に基づいて制作する場合があり現物と異なる際は現物を優先させて頂きます。