洋書写真集とアートブックの専門店

No. 8523
大竹伸朗: ビル景 1978–2019
9,800円(税抜)

美術家・大竹伸朗が1978年から2019年現在まで約40年間継続して制作を続ける 「ビルディング・シリーズ」=「ビル景」全作品を収めた画集。「ビル景」はその大半が実在の風景の写実ではなく、香港やロンドン、東京といったさまざまな都市の記憶と、意識的・無意識的に断続的に現れる「ビルのある風景」やそこに伴うイメージによって描かれている。2000年代に行われたいくつかの展覧会での経験から、作家自身が3年余りかけ「ビル景」作品を調査し、集められた全作品830点を時系列で収録。「続けようとすることよりも続いていってしまう事柄の中に探しものはいつも隠れている」(大竹伸朗「見えない音、聴こえない絵」『新潮』2019年4月号)と自身が綴るように、ひとりの作家の画業約40年の作品群からは、その時折々の環境や心情による変化が垣間見えると同時に、一貫して変わらぬ制作意欲と、得もいわれぬ圧倒的な説得力を持つ。B4サイズという大判の判型により質感や作品の細部まで再現され、活版印刷を施した装丁や、封入された特製付録「活版画」は、 印刷物にこだわりのある読者にも満足できる一冊となっている。保坂健 二朗(東京国立近代美術館)による、新しい角度からの大 竹伸朗「ビル景」論も必読。特製活版画(240 x 350mm)付き。 322p B4判 ソフトカバー・活版印刷スリーブケース 入り 2019 Eng/Jap

大竹伸朗(おおたけ・しんろう) 1955年、東京生まれ。1980年代初頭より国内外で作品発表を開始。2006年初回顧展「大竹伸朗 全景 1955–2006」 (東京都現代美術館)以降、東京、香川、ソウル、ロンド ン、シンガポール等で個展。光州ビエンナーレ(韓国)、ドクメンタ(ドイツ)、ヴェネチア・ビエンナーレ(イタリア)、横浜トリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭はじめ国内外の企画展に参加。1986年に初作品集『《倫敦/香港》一九八〇』 (用美社)刊 行後、作品集や著作物、CD等多数発表。主な著書にエッセイ集『見えない音、聞こえない絵』『ビ』『ナニカトナニカ』(共に新潮社)、 『既にそこにあるもの』、『ネオンと絵具箱』(共にちくま 文庫)、絵本『ジャリおじさん』(福音館書店)等。エッセイ「見えない音、聴こえない絵」は月刊文芸誌『新潮』に現在も連載中。2014年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。