洋書写真集とアートブックの専門店

No. 8428
須田一政: 網膜直結指先目カメラ
5,000円(税抜)

『網膜直結指先目カメラ』は須田がミノックスカメラに名付けた呼名である。ミノックスカメラは俗にスパイカメラとして知られている。 ポケットにころっと収まり、瞬きと同じぐらいの身軽さでシャッターを切れるからだ。 8×11个離侫ルムから印画した写真は、粒子が荒れ、ぺったりとした遠近感になる。1991年から1992年の間 、須田はミノックスカメラに魅力されていた。彼曰く「これほど行動に寄り添ったカメラは後にも先にもない」。90年代から行われてきた写真展「TRANCE」「基隆」「家族日記」「裸の都市」「台北街視」「夜になる前に」の一部分の作品に加え、600点余りの未発表カットからセレクトされた、今回初めて世に送り出される400点以上のミノックス作品が本書に収録されている。須田の「未練の箱」に封印されいたミノックスによる作品は、今ようやく解放されるのだ。― 出版社説明文より 700部限定 438p 13x18cm ソフトカバー 2018 Eng/Jap/Chi