洋書写真集とアートブックの専門店

No. 8026
Laurence Rasti: There Are No Homosexuals in Iran(お取り寄せ)
5,500円(税抜)

イラン人の両親を持ちスイスで育った女性写真家ローレンス・ラスティがアイデンティティやジェンダーと国家の関係をテーマとした作品。

「2007年9月24日コロンビア大学で講演した当時のイラン大統領は、「イランではあなたがたの国のように同性愛者ばいない」とスピーチした。ほとんどの西側諸国は今や公式に同性愛と同性同士の結婚さえ受け入れているが、イランでは未だ同性愛は死刑に罰っせられる。 同性愛者はイランではセクシュアリティを全うすることはできない。 彼 らに残された選択肢は、法的には許容されるが異常と考えられているトランスセクシュアルを選択するか、逃げることだ。トルコの町デニズリでは、何百人ものゲイのイラン人がトランジットゾーンに立ち往生し留保されたまま、いつか受入国に迎えられそこで新たなスタートをきりカミングアウトできることを望んでいる。 この宙ぶらりんの状態 におかれた中では匿名性が最大の保護となるのだが、私の写真はアイデンティティとジェンダーの微妙な概念を探り、彼らの国が彼らから盗んだ顔を復元しようとしている。私の目的は彼らを政治的抑圧と悲惨な記憶の犠牲者として描写するのではなく、彼らの現在の苦境と、狭い性別の範囲を越えて自分たちの愛やセクシャリティをオープンにできるより良いより自由な生活への望みに焦点を当てることだ。 写真 はテーマの重みや被写体の苦境が未解決であることと、軽く単純で時には陽気な要素を、逆説的に並置する。 本シリーズでは、隠された顔と隠されていない顔の交互に出しなが ら、彼らが奪われてきたアイデンティティ空間を取り戻す際に直面する困難を指摘する。 (ローレンス・ラスティ、2016 カルージュにて) 」136p 25x19cm ハードカバー 2017 English

・「おとりよせ」商品のご注文につきましては、取寄せの不可、価格等を折り返しご連絡致します。
・版元切れや絶版など、状況の変化により取寄せできない場合がございます。
・取寄せのための手数料等は不用ですが、掲載の価格は以前に入荷した際の価格であり、ご注文頂いた時点では変更になっていることがございます。 
・「おとりよせ」商品と通常商品は同じカートに入れることができません。お手数ですが別に分けて送信をお願い致します。