洋書写真集とアートブックの専門店

Nakahira, Takuma 中平卓馬

「カメラになった男」という映画まである言わずと知れた伝説の写真家。1938年東京生まれ。東京外国語大学スペイン科卒業。新左翼系雑誌『現代の眼』編集者を経て、65年より写真家。68年に写真同人誌『プロヴォーク』創刊に中心的に関わる。3号のみで終わった雑誌だが、その後の影響力の大きさもあって、伝説の雑誌となった。社会が激動期でもあった60年代後半から70年代にかけて、粗い粒子の画面とフォーカスの逸脱といった「アレ・ブレ・ボケ」の手法と、先鋭的で旺盛な評論活動とによって、日本の写真表現の転換に多大な影響を与えた。73年の評論集『なぜ、植物図鑑か』で、図鑑のような直截性をもった表現へ転換していくなかで、77年、急性アルコール中毒で倒れて記憶の一部を失う。その後、撮影行為を再開し現在まで写真を撮り続けている。2003年にドキュメンタリー映画「カメラになった男 写真家 中平卓馬」と横浜美術館で『中平卓馬展 原点復帰―横浜』が行われたことで、再度大きな関心が集まってきて、写真集や評論が相次いで出版されている。また活動が実質的に休止されていた四半世紀の間に登場してきた若手作家には大きな影響を受けた人が多く、中でもホンマタカシは自らドキュメンタリー映画「きわめてよいふうけい」(04)を監督している。(柳 喜悦)

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

7商品中 1-7商品