洋書写真集とアートブックの専門店

Araki, Nobuyashi 荒木経惟

"アラーキー"の愛称とともに多彩な活躍を続け、既に200冊以上の著作を刊行する、おそらく世界で最も名前が知られる日本人写真家。1964年写真集「さっちん」で第1回太陽賞。71年には最初の写真集「センチメンタルな旅」が自費出版で刊行。この写真集から始まる"私写真"は、後に90年代のガーリーフォトブームの出現に大きな影響を与えたと言われている。70年代後半から白夜書房を中心に多数の写真集を刊行してたが、国内での評価は低かったが、その常にエロスとタナトスを表裏一体のものとして写し出す独自の世界を持つその作品に対して、80年代後半から海外での評価が高まり、90年代以降世界で最も注目を集めるアーティストの一人となる。多彩で旺盛な創作意欲は今も尽きる事なく、花を16年間に渡って撮り続けた写真集「愛ノ花」や、「アラキは5人いる」と語るようにその多彩な世界が反映された「好色」など次々と出版され、また世界中の美術館で企画されたカタログもその多様な世界に反応した興味深いものが多い。(柳 喜悦)

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

50商品中 1-12商品